「ロジスティクス」のおはなし | 物流・製造コラム

在庫管理システムならアトム

Webからの資料請求 Webからのお問合せ

物流・製造コラム

column
  • 導入事例へリンク
  • 物流用語集
アトムブログ

「ロジスティクス」のおはなし

ロジスティクス

日本には「○○ロジスティクス」というように、 「ロジスティクス(Logistics)」という言葉が社名に入っている物流系の企業がたくさんあります。

この「ロジスティクス(Logistics)」という言葉の意味をご存知でしょうか?
物流業界の方にとっては常識ですが、まったく関わりのない人にとっては聞きなれない言葉かもしれません。
「ロジスティクス(Logistics)」は日本語で「物流」という意味で訳されます。 そのため物流系の企業である3PL会社や、運送会社が社名に「ロジスティクス(Logistics)」を使うことが多いわけです。

そこで、ロジスティクスという言葉について少しご紹介します。

そもそも「物流」という日本語の起源についてご存知でしょうか?
「物流」という言葉はアメリカのマーケティング業界で使われていた、流通の物理的な管理についてあらわした「Physical Distribution(フィジカル・ディストリビューション)」という言葉を日本語に訳したものです。

Physical(物的・物理的)と、Distribution(流通・分布)という言葉を足して、「物的流通」という言葉になります。
これを略して「物流」となりました。

そこで一つ疑問が残ります。
Physical Distribution・・・?
物流を英訳するとLogistics(ロジスティクス)じゃないのか?

実はLogisticsは、以前は「兵站(へいたん)」という意味で使われていました。

「兵站」
聞きなれない言葉ですが、これは戦争時に最前線へ物資を補給するという意味で使われていた言葉です。
「物資を補給する」という意味では、物流と近いニュアンスがありまあすが、あくまで戦争時の用語なので、現代で使われている物流とは意味合いとが異なります。

実際にLogisticsが、現代の物流という意味合いで使われるようになったのは、1950年代です。 ビジネスの世界で、商品やサービスなどをタイムリーに目的の場所に届けることは大変重要とされており、その概念をLogisticsという言葉に当てはめたのが始まりだそうです。

Physical Distributionが、物的流通(物流)と訳されて、
その後にLogistics(ロジスティクス)の概念が物流に取り入れられて、
物流をLogistics(ロジスティクス)を訳すようになったわけです。

また現在では、ロジスティクスという言葉は単に物を運んだり管理するという意味合いだけではなく、情報の管理や、各工程の最適化、その他関連した技術、全体のマネージメントということも 含まれた意味合いで使われています。

物流には、ロジスティクスという言葉一つにも長い歴史があります。
物流って奥が深いですね。

(2013/1/21)

PAGE TOP

ページトップへ
tel:0120-560085tel:0120-560085

株式会社 アトムエンジニアリング (営業時間、9:00~18:00)
〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町10-44
[フリーダイヤル]0120-560085 [代表電話]028-662-0808 [Fax]028-662-0085

アトムエンジニアリング