百貨店業向けデジタルアソートシステム(DAS)導入事例

在庫管理システムならアトム

Webからの資料請求 Webからのお問合せ

導入事例

導入事例
業種別一覧
作業別一覧

導入事例 百貨店業

お客様導入事例

百貨店業 B様

導入システム デジタルアソートシステム(DAS)
固定表示器を使用・ブロックリレー方式
取扱い商品 生鮮食品
主な機器 PC、バーコードリーダ、デジタル表示器
導入システムの概要
  • 表示器を使用したデジタルアソートシステムです。
  • ブロックリレー方式の仕分け作業が行えるようになります。

システム導入前の課題と効果

Before

  • 従来は、ハンディターミナルで商品のバーコードを一つずつ読み取る方式で仕分けを行っていた。
    ただ、小さい商品が多く、そのせいでハンディターミナルでの運用があまりうまくいっていなかった。
    また、ハンディターミナルの運用だと、作業者は片手がふさがってしまうので、作業がしづらい面もあった。

After

  • 仕分け作業が簡単になり、作業時間が短くなった。
  • 「読む」「探す」「無駄に歩く」を解決した。
  • 熟練作業者はもちろんのこと、パート・アルバイト作業者でも容易に作業が出来るようになった。
    仕分けミスによる誤配が無くなった。
  • 両手を使って仕分け作業を行えるようになったので、作業スピードが速くなり、商品の落として破損することも少なくなった。

運用フローイメージ(デジタルアソートシステム)

1.仕分け作業

  • バーコードスキャナで商品のバーコードをスキャンします。
  • 仕分けする対象の間口の表示器が点灯します。
運用フローイメージ
  • 表示器が点灯している間口に商品を仕分け(投入)していきます。
    (投入する個数は、無線表示器のデジタル画面に表示されます。)
運用フローイメージ
  • 仕分け作業が完了したら、そのブロックの完了ボタンを押し、次のブロックの仕分け作業に移ります。
  • 先行する作業者の作業が終わり(先行する作業者が完了ボタンを押し)、ブロック内が誰も作業していない状態になったら、後続する作業者が引き続き別の商品の仕分け作業を行います。
    (ブロックリレー方式の仕分け作業)
運用フローイメージ

2.ブロックリレー方式の仕分け作業について

  • ・作業者は、「作業者①」→「作業者②」→「作業者③」→「作業者④」の順に作業を開始する。
  • ・ブロック単位で作業を行う(1ブロック1作業者)。ブロックA→B→Cの順に作業を行う。
  • ※「ブロック」とは作業現場を区切った単位のこと。
    作業現場を細かく区切れば、それに応じて同時に作業を行える人数を増やすことができ、作業時間を短縮することが出来る。
    (例:30ブロックに区切れば、理論上同時30人の作業が可能となります。)
運用フローイメージ

※弊社のお客様システム導入事例を掲載させていただきました。プライバシーの関係でお客様名は伏せさせていただいております。
導入事例の詳細をお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。導入企業様のご迷惑にならない範囲でお答えさせていただきます。

このデジタルアソートシステム(DAS)導入事例 について

お電話からの資料請求・お問合せはこちら。

お問合せフォームもご利用ください。

「デジタルアソートシステム導入事例についてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

PAGE TOP

スマホページへ
ページトップへ
tel:0120-560085tel:0120-560085

株式会社 アトムエンジニアリング (営業時間、9:00~18:00)
〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町10-44
[フリーダイヤル]0120-560085 [代表電話]028-662-0808 [Fax]028-662-0085

アトムエンジニアリング