コンビニエンス業向け資材・販促品のデジタルピッキングシステム(DPS)導入事例

在庫管理システムならアトム

Webからの資料請求 Webからのお問合せ

導入事例

導入事例
業種別一覧
作業別一覧

導入事例 コンビニエンス(CVS)業

お客様導入事例

コンビニエンス A様

導入システム 資材・販促品のデジタルピッキングシステム(DPS)
固定表示器を使用・ゾーンリレー方式
取扱い商品 コンビニエンスストア(CVS)の資材・販促品(簡易食器やポスター、ポップなど)
主な機器 PC、固定表示器、バッチディスプレイ、イーサネットジャンクションボックス、ジャンクションボックス
導入システムの概要
  • 固定表示器を使用したデジタルピッキングシステムです。
  • 表示器が点灯したところから商品をピッキングすればよいだけなので、誰でも、簡単に、かつスピーディに作業が行えるようになります。
  • 表示器とバッチディスプレイの活用により、ゾーンリレー方式のピッキング作業の効率化を図ります。

システム導入前の課題と効果

Before

  • リストを見ながらピッキングを行っていたため、ピッキング間違いが発生し、そのまま誤出荷してしまうことも多々あった。
  • ピッキング作業に膨大な時間を費やしていた。

After

  • 「読む」「探す」「無駄に歩く」を解決した。
  • 熟練作業者はもちろんのこと、パート・アルバイト作業者でも容易に作業が出来るようになった。
  • 表示器の指示どおりピッキングを行えばよいので、迷わず正確なピッキングが出来るようになり、作業時間が短くなった
  • 表示器を使用することにより、作業ミスの防止、商品知識レベルによる作業効率変動の安定化・標準化ができた。
  • 無理なくゾーンリレー方式のピッキングを行えるようになりました。ゾーンごとに複数人でピッキング作業が出来るようになり、作業効率がアップした。

運用フローイメージ(資材・販促品のデジタルピッキングシステム)

1.表示器を活用したピッキング作業

  • 表示器が点灯している棚(間口)から商品をピッキングします。
    (ピッキングする個数は、表示器のデジタル画面に表示されます。)
  • ピッキングが完了した棚(間口)は、表示器のボタンを押し消灯します。
    表示器が点灯している全ての棚(間口)からピッキングが終われば、このエリアの、この店舗分のピッキング作業は完了です。
運用フローイメージ

2.ゾーンリレー方式の運用について

  • ゾーンごとに配置されているバッチディスプレイに、店舗コード(数字)が表示されます。
    作業者は店舗コードを見て、自分がこれから行うピッキング作業が、その店舗コードに該当しているかを確認します。
  • 店舗コードに間違いがなければ、ピッキングを開始します。
  • 表示器のランプが点灯している間口から、ピッキングします。
  • 1ゾーンごとに作業が終わったら完了表示器のボタンを押します。
    これでこのゾーンの作業が完了となります。引き続き次のゾーンのピッキングを同じように行います。

    ※バッチディスプレイを確認し、表示器のランプが点灯していなければ、そのゾーンでピッキングを行う必要はないので次のゾーンへ移動します。

運用フローイメージ

※弊社のお客様システム導入事例を掲載させていただきました。プライバシーの関係でお客様名は伏せさせていただいております。
導入事例の詳細をお知りになりたい方はお気軽にご連絡ください。導入企業様のご迷惑にならない範囲でお答えさせていただきます。

このデジタルピッキングシステム導入事例 について

お電話からの資料請求・お問合せはこちら。

お問合せフォームもご利用ください。

「デジタルピッキングシステム(DPS)導入事例についてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

PAGE TOP

スマホページへ
ページトップへ
tel:0120-560085tel:0120-560085

株式会社 アトムエンジニアリング (営業時間、9:00~18:00)
〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町10-44
[フリーダイヤル]0120-560085 [代表電話]028-662-0808 [Fax]028-662-0085

アトムエンジニアリング