物流システムで在庫管理、倉庫管理、物流業務を効率化

在庫管理システムならアトム

Webからの資料請求 Webからのお問合せ

物流システム

空

アトムエンジニアリングは、物流・製造業の現場を改善し続けて30年。弊社の物流システムで現場のお悩みを解決いたします。
物流現場の問題解決、業務改善はお任せください。

物流システム

ソリューション一覧

在庫管理・倉庫管理、ピッキング、仕分け、検品作業など各種物流業務を効率化する物流システムをご紹介いたします。
システムの導入により作業の効率化、ミスの防止などを実現します。

倉庫管理と在庫管理の効率化
ピッキングの効率化
仕分けの効率化
検品の効率化
マテハン連携による効率化
在庫管理・倉庫管理における物流ソリューション
在庫管理・倉庫管理システム(WMS)
在庫管理システム
導入のメリット
  • 倉庫内の在庫状況を一目で把握
  • 倉庫のどこに、何が、いくつあるのか管理が可能
  • 実在庫に即した在庫管理を実現

入荷、入庫、出庫、出荷の情報を収集することで、倉庫内の見える化を実現し「どこに」、「なにが」、「いくつ」あるのかが明確になります。
また、ハンディターミナルに対応しているシステムでは、業務を正確に行え、作業ミスも防止できるようになります。

ピッキング作業における物流ソリューション
表示器利用デジタルピッキングシステム(DPS)
デジタルピッキングシステム
導入のメリット
  • 作業スピードアップ
  • 商品知識がない方でも作業が可能
  • 商品を両手で取り扱うことが可能

各間口に表示器を設置。表示器が点灯した間口から表示器に表示される個数だけ商品をピッキングします。
直感的に作業できるので、ピッキングリストを確認しながらの作業に比べスピーディーに業務を行えます。

【弊社パッケージ】digipica
digipica製品詳細はこちら››

ハンディターミナル利用ピッキングシステム
ハンディピッキングシステム
導入のメリット
  • ピッキングミスを防止
  • ピッキングと同時に検品作業も可能
  • デジタルピッキングシステムとの併用も可能

ハンディターミナルを利用したピッキングシステムです。
ピッキングを行う際に棚のバーコードを読み込むことでピッキングミスを防止できます。
また、出荷検品を同時に行うことも可能です。

ピッキングカート利用によるピッキング
ピッキングカートの利用
導入のメリット
  • 複数の配送先を同時にピッキング可能
  • ピッキングミスを防止
  • ピッキングと同時に検品作業も可能

在庫管理システムなどとピッキングカートを連携することで、ピッキングカートを利用したピッキング作業が可能。複数の出荷先を同時にピッキングできるので、作業の効率化を実現します。
また、商品についているバーコードをバーコードリーダーで読み込むことで検品作業も行えます。

仕分け(アソート)作業における物流ソリューション
表示器利用デジタルアソートシステム(DAS)
デジタルアソートシステム
導入のメリット
  • 作業スピードアップ
  • 商品知識がない方でも作業が可能
  • 商品を両手で取り扱うことが可能

各間口に表示器を設置。表示器が点灯した間口に表示器に表示される個数だけ商品を仕分けして行きます。
直感的に作業できるので、リストを確認しながらの作業に比べスピーディーに業務を行えます。

ハンディターミナル利用アソートシステム
ハンディアソートシステム
導入のメリット
  • 仕分けミスを防止
  • 商品知識がない方でも作業が可能

ハンディターミナルを利用したアソートシステムです。 仕分けを行う際に棚やカゴ車などのバーコードを読み込むことで仕分けミスを防止できます。
また、商品知識がない方でも作業を行うことが可能です。

検品における物流ソリューション
検品システム
検品システム
導入のメリット
  • 出荷精度が改善され誤出荷を防止
  • 作業負担の軽減
  • 作業の標準化を実現

ハンディターミナルやバーコードリーダーを利用することで、バーコード照合による高精度な検品が可能になります。
作業負担の軽減や作業の標準化を実現し、物流品質の向上が実現します。

大型マテハン機器と連携した物流ソリューション
大型マテハン機器との連携
大型マテハン機器との連携
導入のメリット
  • 作業スピードアップ
  • 省人化を実現
  • 作業ミスを防止

パレタイザー、ソーターなど大型マテハン機器と在庫管理システムを連携させることで、作業の効率化や省人化が実現します。
また、自動倉庫を導入することで人件費を大幅に抑制することが可能になり、人の手を介さないので作業ミスも軽減できます。

物流システムの活用例
①大型物流センター
  • 入荷から出荷まで、ほぼ全てにおいてコンベヤや自動倉庫を活用し、省人化を図ります。
    どこまでを自動化し、どこで人を活用するのかもポイントとなってきます。
    この場合、ほとんど専用の物流システムで構築されます。
    ただし、物量や扱う商品によっては、完全な自動化ではなく、人がメインで作業する場合も多々あります。 その場合でも、在庫管理システムを構築することが必要となってきます。
②中小規模物流センター/倉庫
  • 在庫管理システムを主とし、ハンディターミナルを使用し、入荷検品~入庫(棚入れ)~保管~出庫(ピッキング)~出荷検品を行います。
    保管は、固定ラックや、移動ラックなどさまざまですが、自動倉庫と連携するケースもあります。
③店舗倉庫(ECショップなど)
  • 事務所と商品保管を同じ場所で行っている場合は、ECサイトで注文処理を行い、在庫管理をEXCELで行うケースが多くなります。
    自社ECサイトや、大手ECモールに出店している場合、在庫や出店状況を一元管理できる、受注管理システムを使用している場合もあります。このケースでは、誤出荷を防ぐため、ハンディターミナルを使用した出荷検品システムが効果的です。
  • 事務所(ECショップなどの荷主)と商品保管(委託倉庫など)が別の場合、事務所サイドでは、受注に専念するため、ECサイトや、受注管理システムを運営します。
    商品保管サイドでは、上記①や②の物流センターの運用となります。
物流システム について

物流システムについてお電話での資料請求・お問合せはこちら。

電話番号

お問合せフォームもご利用ください。

「物流システムについてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

入荷、入庫の課題とソリューション

物流システムによる入荷、入庫作業の課題解決方法をご紹介いたします。デジタルピッキングシステム、在庫管理システムなどの物流システムを利用することで作業の効率化や作業ミスの防止が可能になります。

実際に入荷される商品が予定と合っているか確認したい。

入荷検品を行うことで、入荷される商品が予定と合っているか確認することが可能になります。

入荷予定リストと、入荷した商品を照らし合わせる入荷検品を行うことで確認が可能になります。
また、バーコードがすでにある商品では、システムで入荷リストを取込み、ハンディターミナルでバーコードを読取ることで、高精度な入荷検品ができるようになります。

棚を有効的に活用したい。

フリーロケーション対応の在庫管理システムを利用することで効率的に棚を利用することが可能になります。

任意のロケーションに入庫するフリーロケーションの運用を行うことで、商品毎に決められた棚に入庫する固定ロケーションより効果的に棚を利用することができるようになります。
また、商品マスタに推奨ロケーション情報も追加できますので、入出荷の頻度の多い商品を取りやすい所に置くなど、作業の効率化が可能になります。

間違った棚番への入庫を防止したい。

デジタルピッキングシステムを利用することで入庫ミスを防止できます。

固定表示器を利用し、入庫する棚の表示器を点滅させることで、正確な入庫作業が可能になります。また、リストを見ながらの作業に比べて作業時間を大幅に短縮させることができるようになります。

保管の課題とソリューション

物流システムによる保管業務の課題解決方法をご紹介いたします。在庫管理システムを利用することで倉庫内の見える化が実現いたします。

在庫管理の精度を上げたい。

在庫管理システムを利用することで在庫管理の精度を上げることができるようになります。

在庫管理システムを利用することで現物に即した高精度な在庫管理が可能になります。入荷検品、入庫、出庫、出荷検品の作業をハンディターミナルなどで行うことで、正確な在庫情報が在庫管理システムに反映されるようになります。

ロケーション管理を行いたい。

在庫管理システムを利用することで倉庫内の見える化が可能になります。

在庫管理システムを利用し、入庫の際に商品と棚のバーコードをハンディターミナルなどで読み込むことで、在庫のロケーション管理が可能になります。倉庫内の見える化が実現し、商品が「どこに」、「なにが」、「いくつあるか」が明確になります。

在庫のロット管理、賞味期限管理を行いたい。

在庫管理システムを使うことでロット管理、賞味期限管理が可能になります。

在庫管理システムを利用することで、商品にロット情報、賞味期限情報を付加することが可能になり、それらの情報をシステムで確認することができるようになります。

ピッキングの課題とソリューション

物流システムによるピッキング作業の課題解決方法をご紹介いたします。デジタルピッキングシステム、在庫管理システムなどの物流システムを利用することで作業の効率化やピッキングミスの防止が可能になります。

ピッキング作業の時間を短縮したい。

デジタルピッキングシステムを利用することで、作業時間を大幅に短縮することができるようになります。

表示器を使用したデジタルピッキングシステムを導入することで、作業の効率化が可能。表示機が点滅している棚の商品をピッキングするだけなので、リストを見ながらの作業に比べ大幅に作業スピードを上げることができます。
また、無線表示器とカゴ車を利用することで、レイアウトフリーな環境でピッキングを行うことが可能になります。ピッキング頻度の多い商品をまとめて置くことでさらに作業の効率化ができるようになります。

ピッキングミスを防止したい。

表示器を使ったデジタルピッキングシステムを利用することでピッキングミスを防止できるようになります。

表示器を利用したデジタルピッキングシステムを導入することで作業ミスを防止できます。
光った表示器に表示される個数の商品をピッキングするだけです。また、リストを見ながらのピッキングの場合には行の見間違いなどが発生しますが、そのようなミスも防止できます。

在庫の先入れ先出しを行いたい。

在庫管理システムを利用することで先入れ先出しが可能になります。

在庫管理システムで入荷日、製造日、賞味期限の管理を行うことで在庫の先入れ先出しが可能になります。
システムで出荷引当を行い、ピッキングすることで、商品の陳腐化が防止できるようになります。

仕分けの課題とソリューション

物流システムによる仕分け作業の課題解決方法をご紹介いたします。デジタルアソートシステムの利用で作業の効率化や、仕分けミスの防止が実現。物流システムにより業務改善が実現します。

仕分け作業の時間を短縮したい。

デジタルアソートシステムの導入で作業時間の短縮が可能になります。

表示器を使用したアソーティングシステムを導入することで、作業の効率化が可能。表示機が点滅している棚に商品を仕分けするだけなので、リストを見ながらの作業に比べ大幅に作業スピードを上げることができます。
また、仕分け頻度の多い商品を手前に設定することが可能なので、歩行距離を短縮。作業をさらに効率化できます。

仕分けミスを防止したい。

デジタルアソートシステムの導入での仕分けミスを防止できるようになります。

表示器を利用したアソーティングシステムを導入することで仕分けミスを防止できます。光った表示器に表示される個数の商品を仕分けるだけです。
また、ネット通販対応の仕分けシステムでは、仕分けするボックスにゲートがついていますので、間違ったボックスに仕分けしてしまうというミスも防止できます。

作業スペースを有効活用したい。

無線表示器を利用することで、仕分けするスペースを効果的に利用できるようになります。

無線表示器とカゴ車を使用したアソーティングシステムを導入することで、作業スペースにとらわれない仕分け作業が実現します。空いているスペースで作業可能ですので、スペースを効率的に利用できるようになります。

出荷の課題とソリューション

物流システムによる出荷業務における課題解決方法をご紹介いたします。検品システム、在庫管理システムなどの物流システムを利用することで誤出荷防止が可能になり、また、トレーサビリティーも実現します。

誤出荷を防止したい。

システムを利用した高精度な検品を行うことで誤出荷を防止できます。

検品システムや在庫管理システムを利用することでバーコードとハンディターミナルを使用した出荷検品が可能になります。色違いやサイズ違いのSKUにも対応可能ですので、目視では難しい高精度な出荷検品が実現します。

トレーサビリティの対応をしたい。

トレーサビリティ対応の在庫管理システムを利用することで可能になります。

トレーサビリティ対応の在庫管理システムを利用することで、商品の賞味期限・ロット番号が管理できるようになり、出荷後のトレーサビリティーも可能になります。

システムで検品だけ行いたい。

検品システムを利用することで検品作業をシステム化することができます。

すでに在庫数を受注管理システムなどで管理している場合には、検品システムを利用した出荷検品のみのシステム化も可能です。出荷予定リストをシステムに取込み、出荷する商品のバーコードを読み込むことで高精度な検品が可能になります。

物流システム について

物流システムについてお電話での資料請求・お問合せはこちら。

電話番号

お問合せフォームもご利用ください。

「物流システムについてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

物流システム導入事例
倉庫管理と在庫管理の効率化
ピッキングと仕分けの効率化
検品の効率化
在庫管理・倉庫管理システム導入事例

在庫管理・倉庫管理システム(WMS)を利用することにより、倉庫内の見える化を実現し、在庫の状況を一目で把握できるようになります。

在庫管理・倉庫管理システム導入事例
業種別導入事例 取扱い商品 システム特徴・導入の効果
3PL業向け在庫管理システム アパレル・日用品など バーコードを使った検品で誤出荷が激減。また、現場に行かなくてもリアルタイムで在庫情報が答えられるようになりました。事例の詳細はこちら>>
営業倉庫業向け在庫管理システム 菓子、食品など バーコードによる入出庫管理が可能になり、当たり前のように行っていた毎日3~4時間の残業をほとんどしないで帰れるようになりました。事例の詳細はこちら>>
運送・倉庫業向け在庫管理システム カー用品 複数荷主対応の在庫管理システムを導入することで、荷主毎にシステムを導入する必要がなくなり、その分のコストを抑えられるようになりました。事例の詳細はこちら>>
鉄道業向け在庫管理システム 鉄道(電車)車両 点検の時に必要な部品を自動で算出してくれるので、誰でも適切な発注業務ができるようになりました。事例の詳細はこちら>>
倉庫業向け在庫管理システム タイヤ クラウド型の在庫管理システムを導入することで、サーバーなどを準備する必要がなく導入コストを1/5に減らすことができました。事例の詳細はこちら>>
倉庫業向け在庫管理システム 加工食品 出荷指示データが自動で受信されるので、手動で確認する必要がなくなり、効率的に出荷作業が行えるようになりました。事例の詳細はこちら>>
ピッキング・アソートシステム導入事例

表示器やハンディターミナルなどの各種マテハン機器と連携してピッキングやアソート作業を効率化いたします。

デジタルピッキングシステム(摘み取り式ピッキングシステム)導入事例
業種別導入事例 取扱い商品 システム特徴・導入の効果
コンビニエンス業向けデジタルピッキングシステム 食品、生活雑貨 ピッキングリストを見ながらピッキングする必要がなくなり、スピーディーに業務を行えるようになりました。事例の詳細はこちら>>
コンビニエンス向けデジタルピッキングシステム コンビニエンスストアの資材・販促品 ゾーンリレー方式に対応することで、複数人で同時に業務ができ、作業効率が改善されました。事例の詳細はこちら>>
文具卸業向けデジタルピッキングシステム 文具 表示器にピッキングする商品のJANコードの下3ケタが表示され、それを確認することで、ピッキング精度を向上することができました。事例の詳細はこちら>>
製造業向けデジタルピッキングシステム あられ、おかき、おせんべい 無線表示器対応のデジタルピッキングシステムを導入することで、レイアウトフリーで業務でき、限られたスペースを有効活用できるようになりました。事例の詳細はこちら>>
デジタルアソートシステム(種まき式ピッキングシステム)導入事例
業種別導入事例 取扱い商品 システム特徴・導入の効果
食品ベンダー業向けデジタルアソートシステム スーパー・コンビニエンスストア向けのお惣菜やお弁当、麺類 無線表示器に対応することで、仕分けする頻度が多いカゴ車を近くに置くことができます。作業動線を短縮でき、業務の効率化を実現しました。事例の詳細はこちら>>
ネット通販・卸業向けデジタルアソートシステム 食料品 表示器に従って仕分けすることでスピーディーに作業が行え、作業時間が2時間ほど短くなりました。事例の詳細はこちら>>
居酒屋・外食チェーン向けデジタルアソートシステム 業務用食材、販促品 作業ボリュームに合わせて作業バッチを組むことで、作業負荷を分散でき、効率良く業務が行えるようになりました。事例の詳細はこちら>>
アパレル業向けデジタルアソートシステム アパレル、生活用品 同じ商品の色違い、サイズ違いなど意識しないで作業できるため作業スピードが向上しました。事例の詳細はこちら>>
百貨店業向けデジタルアソートシステム 生鮮食品 ブロックリレー方式に対応することで、複数人で同時に業務ができ、作業時間を短縮することができました。事例の詳細はこちら>>
小売業向けデジタルアソートシステム 食品(チルド) 3色表示器を利用することで、複数人で同時作業できるようになり、作業時間を短縮することができました。事例の詳細はこちら>>
検品作業システム導入事例

ハンディターミナルとバーコードを利用した高精度な検品作業が可能になります。

検品システム導入事例
業種別導入事例 取扱い商品 システム特徴・導入の効果
運送業向け出荷検品システム インスタント食品 逆転チェック機能と在庫チェック機能により、製造日に基づいた順番で出荷できるようになりました。事例の詳細はこちら>>
卸販売業の物流センター向け検品システム オートバイ部品・用品 検品ミスがなくなりました。また、ハンディターミナルを利用しピッキングを行うため、ピッキングの生産性を把握できるようになりました。事例の詳細はこちら>>
食品加工業向け検品システム 生鮮食料加工品 重量情報込みのバーコード付きラベルを発行、添付することにより、出荷先毎の合計重量を検品の際に自動で計算できるようになりました。事例の詳細はこちら>>
物流システム について

物流システムについてお電話での資料請求・お問合せはこちら。

電話番号

お問合せフォームもご利用ください。

「物流システムについてのお問合せ」とご連絡ください。また具体的なご相談・ご質問がありましたらその旨ご連絡ください。専門のスタッフがご対応いたします。

PAGE TOP

ページトップへ
tel:0120-560085tel:0120-560085

株式会社 アトムエンジニアリング (営業時間、9:00~18:00)
〒321-0982 栃木県宇都宮市御幸ヶ原町10-44
[フリーダイヤル]0120-560085 [代表電話]028-662-0808 [Fax]028-662-0085

アトムエンジニアリング