Home> 相手の心にささるキャッチコピーとは[コラム雑感]

相手の心にささるキャッチコピーとは[コラム雑感]

  • 2016年1月20日 13:13

先日読んだキャッチコピーのスキルアップの本にとても興味深い内容が書かれておりました。

売れる!コピー力養成講座

相手の心にささるキャッチコピーには「読み手の研究」「意外性」「タイミング」が必要であるという内容で著者の経験も踏まえ分かりやすく書かれておりました。

この本の著者の方は、初めて会った方に自分の好きな映画の事を伝えました。
その一週間ほど後、その映画の話しを聞いた方はその映画を実際に見て、主人公の台詞をメールのタイトルにし、初めて会った際のお礼のメールを送ってきたという内容でした。

このメールのタイトル1つに

自分が好きだと言った映画を実際に見てくれ、その映画に共感してくれたという事。
→「読み手の研究」

映画を見たことを押しつけがましくなく、上手に表現した意外性のあるメールタイトル。
→「意外性」

初めて会ってから実際映画を見てお礼のメールを送るまでのタイミング。
→「タイミング」

上記3つの相手の心にささるキャッチコピーの要素が入っていたようです。

相手の心に響く文章を書きたいと思う方は沢山いるかと思われます。
少しでも参考になればと思いご紹介させていただきました。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.atm-net.co.jp/mt/mt-tb.cgi/142
Listed below are links to weblogs that reference
相手の心にささるキャッチコピーとは[コラム雑感] from アトムブログ

Index of all entries

Home> 相手の心にささるキャッチコピーとは[コラム雑感]

在庫管理システム、倉庫管理システムならアトム
月別記事一覧
広報「たけい」のつぶやき

Page top