Home> ある書店の試みに見る視点を変える重要性とは[コラム雑感]

ある書店の試みに見る視点を変える重要性とは[コラム雑感]

  • 2015年12月 1日 18:51

皆様、天狼院書店という本屋さんをご存じですか?
こちらの書店では、本屋でありながら写真部、劇団など様々な部活を運営しているようです。

天狼院書店の店長いわく、写真の本を買う方は写真が上手になりたいが、実際には本を読むだけでは上達できないのが現状です。
そこで、写真部を運営し、写真の先生を呼んでくることで読書で得られる知識だけでなく実践を通して写真を上達できるようにしているようです。

物を売るのだけではなく、その物を買う人が本当に求めているのは何だろうか?

そのような視点を持つことで、新しい気づきが得られるという事を再認識したので、ご紹介させていただきました。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.atm-net.co.jp/mt/mt-tb.cgi/141
Listed below are links to weblogs that reference
ある書店の試みに見る視点を変える重要性とは[コラム雑感] from アトムブログ

Index of all entries

Home> ある書店の試みに見る視点を変える重要性とは[コラム雑感]

在庫管理システム、倉庫管理システムならアトム
月別記事一覧
広報「たけい」のつぶやき

Page top